迷って決まらない…元不動産屋おススメは「てんびん式比較法」

気になる部屋を実際に見たのはいいけど、この物件は○○はいいのに△△が気に入らない、あっちの物件は△△はいいけど××がダメ。条件にかなう部屋、もっと他にあるんじゃないだろうか…という部屋探しにありがちな「負の無限ループ」は、一度ハマるとなかなか抜け出せないものです。

元不動産屋の経験上、物件を即決できるタイプのお客様は多くはありません。引越の時期が目の前に迫っている転勤のお客様であっても、迷うときは期限ギリギリまで迷ってしまうんですよね。

希望条件をしっかり検討した上で柔軟に考えられるお客様ほど気に入った物件をすぐに決められるのですが、どうしても迷って決められないときには「てんびん式比較法」で考えるのをおススメしています。

実は、最初にお話しした「負の無限ループ」はダメなところを基準にする考え方です。条件に合わない部分に重点を置いて考えだすからキリがなくなってしまうんですね。デメリットをどう妥協するかという風に考えるから部屋探しも気が滅入るし、余計に「やっぱり妥協は嫌だ」という気持ちにもなってしまいます。

もちろん、妥協できるポイント探しは重要です。たとえば、思っていたよりも通勤に時間がかかるけど、このくらいならなんとか頑張れるか!という感じで考えられれば、入居後も満足して住むことができるはずです。

その点、てんびん式比較法はまずダメな部分や気に入らない部分を一旦脇に置いて、物件の気に入った部分をてんびんにかけます。例を挙げてみます。

たとえば一人暮らしの女性が部屋探しをしているとします。1件目の候補は新築の最上階角部屋でロケーション抜群だけど、家賃が予算オーバーでしかも最寄駅から徒歩20分の距離がある、という設定です。

もう1件の候補が駅近で利便性の高い立地の築浅マンション1階だとしましょう。ただ、1階で多少防犯上の不安があり、さらにエアコンがついていなかったとします。迷いどころ満載の候補たちですね。

さて、この2つの物件に実際に住んだとイメージしてみてください。その時、デメリットではなく物件の気に入った部分を最大限堪能している生活を思い浮かべるようにします。

新築物件なら…毎日仕事帰りには好きなお酒を買って、バルコニーから景色を見ながら晩酌できる!天気がいい日は安心して布団や洗濯物が干せて気持ちよさそう!新築だから未使用の最新設備で部屋の環境は文句なし!

築浅マンションだったら…駅が近いから今までより朝は少しゆっくり寝られるかも!仕事で遅くなって疲れててもコンビニやスーパーが近いから重たい買い物袋を運ぶ距離も少なくて済む!友達と駅前で飲んでもすぐ帰れるし!

2つを比較して、より満足している自分を想像できるのはどちらでしょうか?その満足を得るためなら、物件のデメリットの部分にできる限りの対策を打つことができますか?

ポイントはライフスタイルでどこに重点を置いているのか、です。仕事やお出かけが重要なら利便性がいい方が満足でしょうし、プライベートなひとり時間が重要なら部屋にいる時間が長くなる分、設備充実度やロケーション重視の方が満足できます。

本当の満足のためなら多少のデメリットはカバーできるし気にならなくなります。こうして満足度を前提にした上でデメリットを見つめ直すことで、負の無限ループから抜け出したお客様をたくさん見てきました。

部屋探しは本来、楽しむものです。立地や設備だけでなく他の条件でも考え方は同じ。気に入らない部分がいかに少ないかではなく、満足する部分がいかに大きいかを基準にする「てんびん式比較法」でぜひ考えてみてください!

物件下見時の必須確認ポイントはココ!※周辺環境と契約編

不動産会社に物件を案内してもらう際、一度の下見でどれだけたくさんの正確な情報を得られるかは、部屋を決めるときの大きなカギになります。物件の下見をするときの必須確認ポイント第2弾。今回は周辺環境と契約編です。

まず最初は【物件の周辺環境】です。

部屋に入る前か出るときには、敷地と建物全体を見てみましょう。隣家との距離や景観、道路から敷地までの進入路などに生活に支障が出るようなデメリットはないですか?募集図面の物件情報だけでは読み取りにくい部分です。しっかりチェックしてください。

また、ゴミ置き場や出し方のルール、駐輪場の位置やバイクが置けるのか、車があれば駐車場の場所など、毎日の生活に直結するポイントはその場で確認しておきたいところですね。

意外と見落としがちなのが、携帯の電波です。今ではほとんどなくなりましたが、携帯会社によって、あるいは部屋の位置や周辺環境によって、電波の入りが弱い物件も中にはあるんです。念のため部屋の中では自分の携帯を必ず見て、アンテナが立つかどうか確認するのをおススメします。

さらに物件案内の移動中などに、スーパーやコンビニ、最寄りのバス停や駅などを確認しておいて損はありません。不動産屋にお願いして案内ルートに入れてもらうこともできると思います。特に初めて住むエリアへの引越であれば、こういう情報はすごく役に立ちます。

通勤通学で利用する経路、公共交通機関の運行状況、車であればラッシュ時はどの程度混雑するのか、そしてそのエリアの暮らしやすさなど、実際に住んでみないとわからない情報はぜひ不動産屋に直接聞いてみてください。

自分が思っていたよりもこのエリアは住みにくいとか、便利だけど朝のラッシュが半端ないなど、知らなかった情報を不動産屋が持っていることは多々あります。

良い不動産会社の担当であれば物件の周辺環境は熟知しているはずです。あいまいな返答で納得するのではなく調べたり確認したりしてもらって、上手に情報を引き出すようにしてくださいね。

そして次が【契約内容】です。

基本的には、物件を決めてから説明されることが多いのですが、家賃の支払い方法やライフラインの通し方、入居後のトラブルへの対応、いつから入居できるのかなどは物件の下見時に確認したほうが良いでしょう。

その他、契約時に必要な書類や、保証人、保証会社の利用、そして契約金の見積もりや支払期限は、できればすべて確認しておいてください。

これは、さんざん迷って部屋を決めたのに契約内容が自分に合わないためにその部屋を契約することができない…といった結果を避けるためなんです。

たとえば予想以上に契約金が高くて用意するのが難しいとか、クレジットカードが使えると思って部屋を探していたのにできなかったとか、保証人が遠方に住んでいて印鑑証明等を用意してもらうのに時間がかかるとか、所得証明を発行してもらわなければならないなどなど、契約には予定外の条件が付きものです。

部屋を決めるということは気に入った部屋を実際に契約できるということ。契約内容が合わなかったら、部屋探しはイチからやり直しになってしまいますよね。

以上、周辺環境と契約内容の確認ポイントをご紹介しました。2回にわたって物件下見時の確認ポイントをご紹介しましたが、物件下見の役割とは、ネットなどで事前に下調べをした情報を目で見て確認し、そこに不動産屋が持つ情報を加えて比較材料にすることです。

ただなんとなく物件を見ているだけでは、せっかく下見をしてもなんの判断材料にもならずに部屋探しは難航します。ポイントを抑えた物件下見で楽しく上手に部屋を選んでくださいね!

物件下見時の必須確認ポイントはココ!※部屋と設備編

気になる物件を不動産会社に案内してもらう…部屋探しの一番の楽しみですよね。でもいろいろ見ているうちにわからなくなって、あとから「アレってどうなっていたっけ?」となりがち。

せっかくの下見を一度で有効に活用するために、物件下見時の必須確認ポイントを2回に分けてご紹介します。今回は部屋と設備編です。

まずは【部屋内部】から。

間取り図でイメージしていた部屋内部を実際に確認しましょう。部屋の広さや収納の大きさなどは誰もが気になるところですが、特に扉やコンセント、スイッチ等の種類や位置は家具配置のカギとなります。新しく買い揃える場合は除き、今持っている家具家電はどこに置けそうか、ある程度イメージしてください。

また、窓の位置と大きさを確認しましょう。標準タイプ(幅が一間/半間・長さが約200cmまで)であれば、一般的に販売されているカーテンで大丈夫です。特徴のある窓や幅の大きな窓の場合はサイズを測ってみてもいいかもしれません。

照明器具やガスレンジ台はありますか?洗濯機や冷蔵庫を置くスペースはどの程度ありますか?新たに買う必要があれば種類やサイズを知っておくと便利ですよね。

梅雨時期であれば水回りや北側の部屋の湿度、真夏や真冬であれば暑さ寒さ、明るさ暗さなど、部屋に入らないとわからない「体感」を大切にしながら、部屋の雰囲気を感じ取ってみてください。

次が【設備】です。

募集図面に記載された設備の確認をしましょう。あると思っていたものがない!というトラブルのベスト3は、エアコン/風呂の追い焚き/暖房・洗浄便座です。募集図面は「現況優先」がほとんどですから、資料だけを頼りにするのではなく目で見て確認してくださいね。

また電力のアンペア数を見てください。20~40Aが一般的ですが、あまりにも低い、高い場合には変更することができるかどうかも不動産屋に確認しましょう。他にもインターネットの環境や電話回線が引けるかどうかなどの確認をしておくと引越準備もはかどります。

ガスの種類はとても大事です。最近ではオール電化物件やIHクッキングヒーター内臓のキッチンも増えてきましたが、まだまだガスが多いのが現状です。都市ガスなのかLP(プロパン)なのかはガス料金とガスレンジ台の種類に大きく関わります。都市ガス物件ならラッキー!LPガスに比べ料金が安いのが特徴です。

ちなみに、ガス警報器の取り付け位置で種類を見分けることができます。ガスの性質上、LPガスは床の近くに、都市ガスは天井の近くに警報器が取り付けられているはずです。

さらに玄関の鍵はどういうタイプですか?紛失時の対応や合鍵作成可否、何本もらえるのか、大家さんが控えを持つのか、シリンダーを交換できるのかなどの情報があればさらに安心です。

そして最後に。部屋についていない設備を後付けできるかどうかの確認を忘れずにしてください。たとえばエアコンは全室に設置可能ですか?便座を取り替えることはできますか?石油ストーブの使用が不可の物件もあります。

このあたりは不動産会社によって、また大家さんや物件の状況によって大きく異なる部分です。たとえば、あるお客様は外廊下のあるマンションの廊下側の部屋にエアコンを設置して、そうとは知らずに消防法違反を犯していました。廊下が緊急時の避難通路になっていてエアコンの室外機を置いてはいけない物件だったのです。

以上、部屋と設備の確認ポイントをご紹介しました。一度の下見でできるだけ多くの情報があれば比較検討も簡単です。わからないことは不動産屋に質問しながら、部屋をくまなくチェックしてみてくださいね!

下見の時間はよく選ぼう!時間帯でわかる物件のデメリット

物件の下見を事前予約する場合、ほとんどの人が不動産会社から提案された日時でなんとなく決めてしまいがちです。でもそれ、実はすごくもったいない。

なぜなら良い不動産会社であれば、可能な限り物件が一番良く見える時間帯を提案するはずだからです。特に物件にデメリットがある場合、わざわざそれが見えやすい時間帯を選んでお客様に見せるようなことはしませんから。

あとから後悔しないためにも、デメリットはぜひ一度体感しておきたいですね。物件の特徴やライフスタイルに合わせた下見のおススメ時間帯をご紹介します。

1つ目、日曜祝日の夕方~夜の下見がおススメのケース。

たとえば2階建ての1階の部屋、外観写真に子供用自転車や三輪車が写っていた、築年数が経過している木造や軽量鉄骨の建物など、隣家の音が気になる部屋を下見したい場合は、日曜祝日または連休最終日の夕方~夜の時間帯が狙い目です。

その時間帯であれば通常、在宅率が高くなります。ご近所さんが在宅中に下見をしておくと音の響き方などの状況を事前に掴むことができますよね。

また意外と盲点なのが駐車場の位置関係です。在宅率が高ければ駐車場には入居者の車が止まっています。入れやすさはどうか、どの位置が空いているのかなどの確認も合わせてできるでしょう。

2つ目、平日の夜の下見がおススメのケース。

募集図面に「閑静な住宅地」と書かれていたり、細い路地などが入り組んだ場所にあると思われる物件の場合。特に女性の一人暮らしなら、平日夜の周辺環境を確認しておきたいところです。夜道は安全か、人けのない危険な個所はないか、毎日の通勤通学をイメージしながら最寄駅から物件までをしっかり見ておきましょう。

また部屋から見たときの防犯上の危険性も見てください。窓から隣家まで、すぐに手が届きそうなほど近かったりしませんか?人目につかず侵入されやすそうなバルコニーなど危険度は高くありませんか?

これらは日中にはなかなか気づけないデメリットです。女性の一人暮らしなら少なくとも一度は、物件を平日の夜に見ておいた方が得策です。

3つ目、平日の日中の下見がおススメのケース。

夜勤がある、乳幼児がいらっしゃる、日中家にいることが多い、などのライフスタイルの方は、できれば平日の日中に部屋を見てください。物件周辺の静けさはどうですか?隣家からの音の響き方は夜勤時や乳幼児が静かに眠ることができる程度で済みますか?

土日祝日の日中は在宅率が低いです。下見に一番選ばれる時間帯に物件を見たところで、こうしたデメリットには気づけず入居後に困ることがほとんどなのです。

4つ目、南向き以外の物件で夕方の下見がおススメのケース。

これは日当たりと室温の関係を見るために時間帯を選べるとベストという場合です。たとえば東向きや北向きの部屋は陽が差し込む時間が少ないですから、室温が下がります。冬であれば特に寒い部屋になります。

反対に西向きの部屋は、夏の間は強い西日が入り室温が上がります。冬は良くても夏はどうですか?特に築年数の浅い新しめの物件は気密性が高いので室温はかなり上がることが予想されます。

どちらも夕方であれば暑さ寒さを体感しやすいでしょう。下見の日が晴天だったらなおさらベストですね!

こうして物件のデメリット確認のために下見の時間帯を考えられたら、部屋探しは達人レベルです。全てを優先させるのは難しいですが、状況に合わせて下見の希望日時をあなたから不動産屋に上手に提案してみてください。

ただし!2~4月の繁忙期だけは悠長なことを言っていてはダメ。選んでいる間に他の人に決められちゃいます。できるだけ早くが鉄則ですよ。