値引き交渉するならポイントは2つ。契約時初期費用とは?

敷金礼金、手数料に火災保険、保証料?契約金として見積もりを出してもらったら、なんだか思っていたよりも高い気がする…契約にかかる初期費用って見積もりを出されても内訳が分かりにくいですよね。

ちゃんと納得して支払いたい、いやむしろ、ちょっとでも安くならないかな?とお考えのあなたのために、契約時初期費用の詳細をご説明します。答えを先に申し上げると、交渉の余地があるとすれば礼金と仲介手数料ですよ!

まずは家賃から。賃料・駐車場代・共益費・町内会費・(場合により加えて保証料)をまとめて家賃と言います。入居日から日割りで計算され、最低限翌月分までを初期費用として支払います。フリーレントの場合は家賃の無料期間がありますから、見積もり時によく説明を受けてくださいね。

次が敷金です。敷金は地域によって呼び方が変わる場合もありますが、基本的に大家さんに預けておくお金です。退去時に原状回復費用等必要な経費を差し引いて返金されるのが一般的です。また敷金なしの代わりに、契約時か退去時にクリーニング料を支払う物件もあります。

礼金はその名の通り貸主(大家さん)へお礼として支払う金額です。毎月家賃をもらうのだから礼金は不要では?という考えが浸透しつつあり、最近では礼金なしの物件も増えてきましたね。空室期間が長いなど、交渉次第で割引になる可能性が高いのはこの礼金なんですよ。

仲介手数料は不動産会社が受け取る金額で、いわゆる利益です。不動産会社がもらえるお金はここしかありませんから、地場不動産会社などではよっぽどのことがない限り割引しないのが普通です。狙い目は大手やフランチャイズ系不動産会社。特に月末や年度末なら交渉してみるといいことあるかも!?

そして保証委託料。家賃保証会社利用の場合、初期費用として家賃の1ヶ月分程度が保証委託料として保証会社に支払われます。契約時以降、数年ごとに更新手数料がかかる場合もあります。毎月の家賃に含まれる月々の保証料は、おおよそ家賃の数%程度です。

最後が火災保険料になります。保険期間は1~2年のものがほとんどで、保険料は契約時に一括で支払います。保険金額にもよりますが、賃貸物件であれば2年で2~3万円程度が標準ではないでしょうか。場合によっては補償額を変更して、保険料を安くすることもできるかもしれません。

ここまでが、通常どの不動産会社でも記載される一般的な初期費用の内訳です。目安として家賃最大2ヶ月、敷金1ヶ月、礼金1ヶ月、仲介手数料1ヶ月、保証委託料1ヶ月。入居時期や割引内容により異なりますが最大で家賃の6ヶ月分、平均して3~5ヶ月分が初期費用の相場です。

その他、鍵交換費を入居時に請求する不動産会社もありますし、各種住宅サービス(消毒や害虫対策、浄水器やインターネットなど)や住まいのトラブル保険などさまざまなサービスにかかる費用の請求がある場合もあります。

鍵交換費はともかくとして、住まいにまつわるサービスは基本的に選ぶことができます。これがなければ物件を契約できない、といった販売の仕方はルール違反なのですから、本当に必要なサービス以外はちゃんと断る勇気を持ちましょうね。

値引き交渉は、空室期間の比較的長い物件であれぜひチャレンジしてほしいところです。「もう少し安ければここに決めるんだ」という意思が伝わるように、不動産会社に提案してみないと損ですよ!

また、不動産会社が大きくなればなるほど、月末や年度末の「数字」に追われる不動産屋は多くなります。少し値引きしてでも物件を契約してほしいという雰囲気になりやすいですから、上手に利用して交渉してもらっちゃいましょう!

1.生活習慣病の予防とサプリメント
薄いベージュが柔らかい印象の整理されたサイト

2.糖尿病は早期発見と対策が大切!
ヘッダーが円形の特徴的なデザインで背景が薄ベージュの点が特徴

3.株式会社ムツコ
白のシンプルな背景だけどトップの女性の写真が印象的!

4.血圧を下げるには(高血圧本気対策)
グレーと緑の落ち着いた配色で見やすい体裁なのが魅力のサイト

5.人気のダイエット食品をご紹介!カロリーバスケット
背景がグレーでカラフルにオレンジ等も使われてインパクトがある

6.沖縄健康通販 ちんすこう/黒糖/海ぶどう
白の背景でラインに青も使われている沖縄らしいデザイン

7.車椅子の視線から…脳出血から2度生還して…
ベースは白で雲の画像も使っている爽やかな印象のサイト!

8.失敗しないプラセンタの選び方 目的別に選ぶプラセンタ
斜線のピンクストライプがとっても特徴的なプラセンタのサイト