ドキドキ入居審査!難なくクリアするにはまず第一印象が肝心

物件も決まり、仮申込をしていざ契約へ…ここでちょっとした壁「入居審査」の出現です。どんなに気に入った物件でも入居審査に通らなければ契約できませんもんね。

家庭の事情、お金の事情、信用問題の事情。さまざまな要因で入居審査不可のお客様も見てきましたが、毎月家賃が払えて、賃貸物件に住む最低限のルールを守れる方であれば全く心配する必要はないと思います。

ところが、一般的に考えられている審査内容とは別の「ウラ審査」があるのはあまり知られていません。いくら年収が高くても、立派な会社に勤めていても、契約できない方もいるんです。入居審査の詳しい内容、そして「ウラ審査」の正体とは一体何でしょうか?

入居審査は、入居申込書と本人確認書類に基づいて行われます。住所や勤務先、年収、保証人の情報などを申告し、確認書類と照合して審査します。審査基準は不動産会社、大家さんなどによってさまざまなので、こうだったら絶対大丈夫というものはないのですが、家賃の支払能力は最低限の基準です。

よく言われる通り、家賃は年収の1/3程度の範囲であることは一つの大まかな基準になります。年収に対して家賃が高すぎれば、支払いが滞ることが予想されますよね。ただしその範囲も保証人や保証会社の利用など状況によって変わる場合がありますから、あくまでも目安です。

また勤め先の情報は家賃の支払能力に大きく関わります。勤務先に確認の電話が行く場合もありますし、源泉徴収票や社会保険の健康保険証などで在籍確認をすることもあります。

年収を証明する書類として、源泉徴収票や所得証明書、自営業の方は確定申告書の控えなどを提出する不動産会社もあれば、申込書の申告だけで済む不動産会社もありますね。

大手の不動産会社ならクレジットカードの与信を活用したり、過去に入退去のトラブルはないかなどの独自のデータを使ったりして審査をするところもあります。また地場不動産会社であれば、勤め先や保証人の状況で大家さんがNGを出すケースもあるんです。

このように入居審査や必要書類の基準は本当にさまざまです。あまり身構えることなく、気になる点は不動産屋に素直に聞いてみることで不安を取り除きスムーズな審査をしてもらうことができるはずです。

ただ、実はもっと前の段階で入居審査がスタートしていたのをご存知ですか?それは物件の問合せ時、つまり不動産会社との初コンタクト。これが「ウラ審査」の正体なんです。どういうことでしょうか?

不動産屋は相手の話し方や態度、身なりや雰囲気で「トラブルが予測されるお客様」をかぎ分ける特殊な嗅覚を持っています。一種の職業病かもしれませんが、残念なことにその予感はかなりの確率で当たってしまうのです。

もし第一印象で、不動産屋の悪い予感が働いたら、契約時や入居後そして退去までの間に起こるかもしれないトラブルへのリスクを減らすために、部屋を貸さない方向で話を進めるしかなくなってしまいます。持っている情報を出さない、理由をつけて入居審査を通さない、などありとあらゆる手を尽くします。

理不尽に思えるかもしれませんが、これには理由があります。不動産屋にとっては入居者だけでなく大家さんもお客様。どちらの利益も守らなければならないのが不動産会社の仕事です。

入居希望者とじかに接するのは不動産屋だけですから責任があります。もう一方のお客様を守るためにも、きちんとした入居者に契約してもらう必要があるのです。

不動産会社が真摯な接客をするのは当然のこと。でも満足できる部屋探しのためには、あなたの第一印象が肝心です。お互いが信頼し合うことが必要不可欠なのです。


賃貸マンションの入居費用って意外とかかるんです!

入居費用は「敷金・礼金」となっていますが、高級マンションでは家賃の2ヶ月以上かかってしまうこともあるので、高級マンションとして売り出されているものは、安く住むことができないと思ったほうが良いでしょう。
引用元:意外とかかってしまう!?マンションを借りる際に発生するお金は?